【レビュー】ロジクール G402ゲーミングマウス開封レビュー、使ってみてわかった事とメリット&デメリット

g402箱PC

こんにちはカニバリです(^^♪

今回は「どうも作業効率が悪いな~」と日ごろから思っていた「マウス」の買い替えレビューです!

今回選んだマウスは「ロジクール G402」

FPS用のマウスが欲しいという方はもちろんですが、安物のマウスは卒業して多機能、高効率なマウス選びの際には是非選択肢に入れてほしい商品です。

 

カニバリ
カニバリ

それではレビューいってみましょ~ぅ!

 

 

希望のスペック

今回もあまり予算は掛けたくないサブPC用ですが割と悩みました。。。

 

予算は5,000円以内

有線・無線は問わない

使い心地とサイドボタン4つ

クリック感が軽い

有名どころのマウス

ストレスなくしばらく使用できる

検索

 

これが条件

いろいろある中で

今までRAZER・logicool・中華マウスを使ってきたわたくし。

「お値段以上〇〇〇」な印象のロジクールに絞った瞬間この【G402】しか残らなかったんです。

【G402】は、もう4年以上前のモデルですが最近別機で使用中の【G502 HERO】ボタンの多いマウスの印象とAmazon等のレビューも良く、とにかく予算内でしたので即納(笑)

 

g402箱

スペック

 

  • 接続 有線(USB)
  • ケーブル長 2.1m  光学式センサー
  • 重量 108g(ケーブル込み144g)
  • ボタン数 8個    LoD 2.2mm
  • トラッキング解像度 240~4,000dpi
  • サイズ 72mm136mm41mm

開封

同封物はいつもの通り

g402開封1

おうっ。。。。。

ケーブルは編み込みと思い込んでいた。。。。

その分細目だが、しっかりしているしOK牧場!

 

「今どき有線かよ…」って思う人もいるかもしれませんが、

カニバリ
カニバリ

どうも無線が好きになれない私。。。。。
バッテリー切れがなんだかイヤなんです。少し重くなるし。

ケーブルが気になるときは「マウスバンジー」を使えば大丈夫。

使用感レビュー

 

握った感じはこんな感じ

手マウス比較2

ちなみに私の手は中指から手首まで20cm

手の平の幅は9cm

手マウス比較1

私の手には少し細目です。

 

というのが今まで使っていたマウスは中華製でデカい(笑)

中華マウス

よくある激安上位表示の光るマウス(笑)左クリックが相当押さないと反応しづらくなりました。

その他普通です(笑)確か2,000円後半でコスパはいいですよ。

 

ボタンの位置はこの通り。

g402ボタン配置

個人的には全く問題なし。この手のマウスのボタンは最初違和感があっても使っていくと慣れます。

LOGICOOLG402

実際の使い心地

縦に長い形状をしている「G402」ですが、横幅はかなりスリムに作られていますのでホールド感は良好です。
ただ、手が私より大きい人には少し握りにくいかも?

ここは個人差がありますからね。

各ボタンの押し心地は割と軽めなロジクール製品ですが、間違って押してしまう様な位置には無いので問題なしです。

「G402」のクリック音は私にはちょうど良い音でした。

個人的にはもっとカチカチ鳴ってくれた方がクリック感があって好きなんですけど問題なし。

親指付近のボタンは非常に使いやすい位置にありますが、

各箇所の下側のボタンは親指や人差し指を曲げなきゃ押せないので少しだけ押しづらいですね。

 

カニバリ
カニバリ

慣れてきたら指をスライドさせればスッと押せるようになります。

重量

108gという重量は有線マウスにしてはそこそこ重い部類ですが、

滑りの良いパッドを使っていればほとんど気にならないレベルでした。

もちろん軽いほうが疲れにくいというのは間違いはないのですが、

軽すぎると繊細で正確なマウス操作がしにくくなるというデメリットも生まれますのでちょうどいいと思います。

光学式センサーとLoD

メインのセンサーは光学式で割と一般的な仕様

LoDが高めというレビューを見たのだが

LoDとは?

マウスを持ち上げることが多い人には結構関係があるみたいで

どれだけの高さまでセンサーが反応するかということみたいです。

要は持ち上げて右に左に振ると反応するかしないか

その反応する高さの事を言います。この【G402】は2.1mm

持ち上げることが多い方にはちょい微妙な設定ですが、

持ち上げて使うことが多い方でもマウス操作が早い方にはあまり関係ないかもです。

 

みんな大好きGhubで設定

ロジクール製品を購入後の楽しみといえばこの「Ghub」公式サイトから無料ダウンロードできます。

 

GHUB5

 

 

いわゆる設定ソフトです。細かい設定を行うことができるので私はこの瞬間の為にロジクールやほかのゲーミングデバイスを購入しているといっても過言ではありません(笑)

 

ボタンの割り当て変更

正直このサブPCではゲームはほとんどやらないのですがこの「ghub」で設定したプロファイルは設定したアプリ・ゲームを起動すると自動でその設定になります。

これがかなり便利ですが、あまりバラバラオリジナルの設定にしてしまうとボタンの配置を覚えるのが大変です(笑)

動画編集時にはやはり多ボタンを使うのですが割り当ての自動切り替えは本当に便利です!

GHUB2

GHUB1

サイドボタンの「エンター」割り当て。これが意外に便利に使えるんです。

基本コピペの連続とか多いですから、私にはこの設定が今のところ合っています。

いろいろ変えていくのもおもしろいんですよね(^^♪

ライティング

マウス中央で光っている「G」の文字や親指のところのDPSモニター的な光を光らせなくしたりも出来ますが、
光るものは好きな私はカッコいいのでそのまま使用。

GHUB4

もちろんブルー系のみですが色味と光り方も設定できます。

DPI設定もこんな感じで

GHUB3

カニバリ
カニバリ

設定が好きなんですね私は( ̄▽ ̄;)

 

まとめ

約4000円代というミドルクラスの価格帯でこれだけ使い勝手の良いマウスがGET出来たので大満足です。
てかこれ以上多機能になられても使いこなせずに持て余しそう。

  • 多ボタンで操作性が良い
  • 低価格でFPS&高品質
  • 軽量で所有して嬉しい感もある
  • クリック感が気持ちいい
  • とにかくコスパ重視

このようなマウスを探されている方にはピッタリなマウスと言えます!

ゲームはもちろんですが、仕事用としても作業効率は確実に上がりますので購入を悩まれているのであれば

この「LOGICOOL G402」であればおススメいたします!

 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました(^^♪

 

 

スポンサーサイト
スポンサーサイト
スポンサーサイト
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
PC PC快適化
この記事をシェアする
カニバリのフォローよろしくおねがいします
カニバリblog

コメント