【見た目爆上がり】PC電源ケーブルをホワイトスリーブに交換してみた

電源ケーブル交換アイキャッチPC

こんにちはカニバリです(^_^♪

 

今回はサイドアクリルパネルの自作PCを作った後でみなさんが思うこと。

 

カニバリ
カニバリ

「せっかく中身が見えるんだから、電源ケーブルのカラーも変えたい」

というわけで、電源スリーブケーブルの交換をしてみました。

見た目の印象もガラッと変わりますが、種類もいろいろ販売されていて

自分のPCには合わなかった

必要な交換ケーブルが入ってなかった

コネクターの形状が違って使えなかった

ということが無いように購入方法と交換方法を解説していきます。今回は「白」に交換していきますよ!

 

カニバリ
カニバリ

それではいってみましょう!

 

ケーブルを白にする理由

なぜケーブルを「白」にするのか?答えは簡単「カッコいいから」という自己満足です!

 

ホワイトスリーブ交換前1

電源OFF時はもちろんのこと

ホワイトスリーブ交換前2

電源ONでも何だか冴えない。。。

ケーブル交換前

メカメカしいのは好きなんですが「マザーボード」と「ファン」しか目立ってない。インスタなどで見たのはケーブルが色付きでシャレている。地味だから「ユニコーンガンダム」入れて「白」を増やしている(笑)

ホワイトスリーブ交換前5

スッキリすると寂しさが。。。

ホワイトスリーブ交換前7

ケーブルの質感もイマイチ

ホワイトスリーブ交換前6

交換箇所はこちらの3か所

ホワイトスリーブ交換箇所

 

 

今回の作業PCの構成はこちら参照ください

 

購入した電源スリーブケーブルはこちら

Antec電源スリーブ付きケーブル24ピン/ 8ピン 8ピン6ピンPCI-E延長ケーブルキット長さ300mm、 白(11.8inch/30cm)

カラーは「白」「赤/黒」「グレー/白/黒」

  • 高品質なPETスリーブケーブルは以下のを含む:(1) 24ピンATX (1) 4 + 4ピンEPS (2) 6ピンPCI-E;すべての電源に対応します
  • ケーブルの管理が容易な24個のケーブルコームで、M/B PCI-Eケーブルを配線し、ケーブル間に隙間がないようにします。
  • 3層編み、16AWG、300mm、無熱収縮100%
  • 保証:3年間

 

 

カニバリ
カニバリ

こちらも高評価です

 

 

ご購入はどちらでもOK!自分のPCの交換したいケーブルの数と製品のケーブルの数があっていないかチェックしてください。ほとんどの製品は「PCI-E電源」(グラフィックボード用)が数本余ります。

 開封・配線交換方法

 

ホワイトスリーブ製品1

(1) 24ピンATX (1) 4 + 4ピンEPS (2) 6ピンPCI-E

ホワイトスリーブ交換製品2

パカッと開封

ホワイトスリーブ交換オープン

同包物はこちら(配線コーム付き/右側)

ホワイトスリーブ交換同封品

意外としなやかで簡単に配線できそう

ホワイトスリーブ特性

配線コームを入れてきれいにまとめます

ホワイトスリーブ交換手順1

上と下をきれいに分けて一列ずつ入れていくのが、やりやすかったです。

ホワイトスリーブ交換手順2

配線コームの向きにも注意。表に見えるほうが小さい方が、よりカッコいいです。

ホワイトスリーブ交換手順3

裏はこんな感じ。私のマザーボードはASROCK SteelLegendB450です。この場合はピンロック側からコームを差せばOKです。

ホワイトスリーブ交換手順5

何本かコームを入れてきれいにします

ホワイトスリーブ交換手順6

グラフィックボード配線も同じ要領でOK

ホワイトスリーブ交換4

元の配線を抜いて裏に引き出しておきます

ホワイトスリーブ交換手順11

グラフィックボード配線も同じく抜きます

ホワイトスリーブ交換手順12

抜いたところからスリーブケーブルを入れます。最初のイメージが大事ですので、一番カッコよく見えるように試行錯誤してください。

ホワイトスリーブ交換配線17

普通に差すとこんなです

ホワイトスリーブ交換配線18

なんか地味。。おしぼりサイズ。。。

ホワイトスリーブ交換配線19

反対側から大きくカーブするイメージで差し直し

ホワイトスリーブ交換完了

カニバリ
カニバリ

良いじゃないか。私はこっちが好きです!

ホワイトスリーブ交換1

こちらも同じく差す

ホワイトスリーブ交換2

CPU電源も元の配線があった所から入れて元の場所に差してください。ちょっと作業はしにくい場所です。

ホワイトスリーブ交換10

はい!ハイカラさんになりました!

ホワイトスリーブ交換5

 

 

裏配線で接続します

接続して程よく引き出す

ホワイトスリーブ交換11

グラフィックボード側も同じく

ホワイトスリーブ交換7

配線はテキトーにお仕込みました

ホワイトスリーブ交換12

「元の配線に延長して差す」イメージはそんな感じ

ホワイトスリーブ交換9

シャレているではありませんか!

ホワイトスリーブ交換6

 

 

思った以上に印象が変わりました

今回交換した配線個所はこの3点

ホワイトスリーブ交換箇所

全くの別物!一気に「白」感が増してる!

ホワイトスリーブ交換5

電源ONでさらに良きものに

ホワイトスリーブ交換完成

 

 

バックパネルのファン交換方法はこちらの記事

 

スリーブ配線に交換してみて

思った以上に「自作PC感」が増して、一層お気に入りになりました。自作PCの良いところはまさにココ!といった結果になりました。

作業は簡単で効果は大きい「楽しい作業」でした。自作PCを組む時にやってしまうのも手ですが、私はじわじわ楽しみながら、「変化」を感じて行きたいと思っています。作業が好きだからというのも理由の1つです。

今後も「白」を増やして、もっとピカピカのPCのに仕上げていくつもりです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

 

よかったら自作PCの人気記事も御覧ください。

このPCケースについてはこちら

制作についてはこちら

 

 

コメント