EKSA ゲーミングヘッドセット Air Joy Pro レビュー:普段使いもできる超軽量+3000円台で買える7.1ch対応のゲーミングヘッドセット

Air Joy Proレビューガジェット

こんにちはカニバリです(^^♪

カニバリ
カニバリ

今回は「ゲーミングヘッドセット」をご紹介します。

この記事はOne Odioさんより【EKSA】さんの「超軽量ゲーミングヘッドセット Air Joy Pro」を提供していただいたので、詳しくレビューしていきます。忖度なく思ったことを記事にしていますので購入の際の参考にしていただければ嬉しいです。

 

  • ゲーミングヘッドセット欲しい
  • あまり「ごつい」のはちょっと
  • 子供にプレゼントしたい
  • 普段はスマホで音楽を聞きたい
  • リモートワーク用のおすすめヘッドホンを探している

といったご希望の方に最適な記事になっています。

それではいってみましょう!!

 

 

 

ゲーミングヘッドセットといえば

ゲーミングヘッドセットといえばLEDがド派手に光って「いかにも」感が強い印象があります。価格も1万円前後から5万円なんて商品もあります。

ゲーミングデバイス

 

実際どれを買えばいいんだろう?

と私も悩んだ事がたくさんありました。

結果「使う目的と満足度&使える予算」で決めれば満足度は高くなることが多かったです。そしてこのようなレビュー記事を死ぬほど見る(笑)

今回ご紹介する【Air Joy Pro】ライトユーザー向けのコスパ重視ヘッドセットになります。

Air Joy Proの仕様と特徴

サウンドステレオ・7.1chバーチャルサラウンド対応(PCのみ)
ケーブル脱着式 USB-C→USB-A/3.5mm ケーブル長1.8m
マイク取り外し可能 双方向性ノイズキャンセリングマイク 感度105db+-3db
イヤーパッド布製イヤーパッド&形状記憶クッション
重量160g※マイク装着時
ドライバーサイズ40mm
インピーダンス32Ω+-15%
再生周波数帯域20-20khz
定格入力電力10mW
最大入力電力20mW
ヘッドバンド調整スライド式 内側に90°外側30°回転可能
製品サイズ170☓75☓190mm
保証期間2年間の品質保証
メーカーOneOdioのサブブランド「EKSA」

簡単に言うと

わずか160gという軽量化を実現したにも関わらず、7.1chバーチャルサラウンドも搭載し、フィット感様々なデバイスに対応付属品も充実させ、操作性もよく長時間つけても疲れにくい上に、3,000円台という驚異のコスパ感を得られるヘッドセット

ということです。

 

中国オーディオ機器メーカー「OneOdio」 のサブブランド「EKSA」とは?

10年以上のオーディオ製作経験を持つメーカーです。
主にコスパが高い、品質が良いヘッドホンを取り扱ってあります。
また、ヨーロッパ、北米、アジアなど30カ国以上のANC業界で、よりユニークなサウンド体験を創造しています。
サブブランド「Eksa」として はゲーミングヘッドセットを取り扱っています。

EKSA公式ホームページ https://www.eksa.net/ja

EKSA公式Twitter https://twitter.com/eksajapan

EKSA Amazon直営サイト https://amzn.to/3nrWSwQ

【Air Joy Pro】をはじめ【EKSA E900 series】などラインナップも豊富で用途に合わせた選択も可能です。

今後、積極的に市場に出てこられるそうですので、目にする機会が増えてくるメーカーさんだと思います。

 

 

開封と外観チェック

それでは開封していきましょう!

外箱

箱はコンパクトでこんな感じ

2年保証シール

しっかりと2年保証のステッカー

底面

底面 仕様と梱包物が書かれています

側面1

側面 軽い・ゲームに最適・7.1chサラウンド・マイクは取り外せる・様々な機器に互換性があると書かれています。

謎のコード

下面 40代の方にはおなじみ?!上上下下左右左右BAのコナミ最強コマンド(笑)

梱包物

パカッ!

梱包物1

以外!この価格帯でポーチと各種ケーブル(USB-C/A・USB-C/3.5mmジャック・PC変換・マイク)が付属しています。しかも質感もチープさもなく使いやすい。これはありがたいです。

ケーブル類

付属ケーブルもいい意味で期待を裏切られました

取説

取説とEKSAからのメッセージ

取説1

日本語対応!

取説2

取説3

取説4

取説5

取説6

取説7

わかりやすく書いてあり、困ることはなさそうです。

 

カニバリ
カニバリ

本体はこちら!

全体写真

ヘッドセット本体はこんな感じ。赤い爪痕のデザインです。

LED2

USB接続でここが光ります。紫色に光るBLACKモデルもあるみたいです。個人的には外で使うにはBLACKモデルが使いやすいですね。

全体

イヤーパッドは布製で、夏でも蒸れにくい仕様

イヤーパッド軟さ2

形状記憶パッド採用でつけ心地は良い方です

ヘッドバンド軟さ

ヘッドバンドはレザータイプで柔らかい素材

ヘッドバンドの調整部は金属でノッチがある感じ

スタンド

操作部は左スピーカーにまとめてあります

左スピーカー

操作部分は

  1. マイク差し込み
  2. USB-typeC
  3. ボリューム調整
  4. マイクミュートボタン

各端子説明

この価格帯もクオリティー良くなったもんですね

 

 

接続と対応機器

AIRJOYPRO対応機種

対応デバイスは、PC・PS4・XBOX・Switchなどほとんどのゲーム機・3.5mmピンジャック付きスマホに対応しています。基本的には対応する付属のケーブルを差して使うだけ。

ゲームの使用感とフィット感

フィット感はこちら

装着感1

装着感2

装着感3

装着感5

マイク部分は少しチープで「しっかり」とは言えませんが価格相応といったところです。

頭大きめの大人だと耳をすっぽり包み込む感じにはなりませんが、はみ出ることはなく以外にその感じが楽な装着感を実現していると感じました。

カニバリ
カニバリ

使用しているダミーヘッドはこちら

本体サイズ(高さ×幅×奥行):250×180×180mm

 

カニバリ
カニバリ

マイクを外して外でスマホで音楽聞いても違和感は無く、コンパクトな分持ち運びも楽でゴツさは感じません。

 

 

フォートナイトをPC/PS4/SwitchでPLAYしてみた

ゲームをする上で重視したいポイントは

解像度と定位
解像度と定位はFPSゲームで最も重要視されており、勝敗を決める鍵ともいえます。濁りのない音で周囲の状況を把握して、定位がしっかりしていると敵の位置が早く分かり早く反応ができるから重要なんです。
Air Joy Proの使用感

定位はスピーカーよりもはっきり聞こえます。2,3人の接近戦になると定位はわかりにくくなりますが没入感は上がります。イヤホンよりも聞きやすく敵の位置はわかりやすくなる方だと思います。

 

 

マイクの感度
マイクの通話品質は私は重要視しています。たまに野良スクで耳障りなボイチャの人がいます。これはストレスでしかありません。最近ではテレワークも増えてマイク性能や音質に拘る方も多く見かけるようになりました。無いならないでいいですが音質は良いに越したことはありません。
Air Joy Proの使用感

マイクの音質は正直良いとは言えません。フレンドの人に聞いた感じ「少しザクザクした音質」だそうです。「不快」までは無いですが、たまに聞き取りにくい箇所があったそうです。マイクに関しては「価格相応」といったところでしょうか。改善策として他メーカーのマイクに交換したところ改善しました。

ボイスチャットを重視されてない方にはオススメできます。ノイズキャンセリングは効いている方だと思います。キーボードの茶軸のキーボードですが打鍵音は聞こえなかったそうです。

ゲーム中にマイクのアーム部は少しブラブラする感じでしたが問題はありませんでした。

 

 

カニバリ
カニバリ

ちなみに『Air Joy Pro』装着した1試合目で

しっかり『#1 VICTORY ROYALE』頂きました

 

フォートナイトビクロイ

※この『Air Joy Pro』を使用したらビクロイできるということではありませんm(_ _)m

 

7.1chバーチャルサウンドはどうか

「Air Joy Pro」をPCにUSB接続し、7.1chの仮想サラウンドを体験してみます。

7.1ch仮想サラウンド機能をつかうためには、EKSAの公式サイトから無料ドライバをダウンロードする必要があります。

 

ドライバーダウンロード

※マニュアルに記載されているURLを入力したところアクセスできませんでした。

正しいURLは https://www.eksa.net/pages/download

AirJoyProのダウンロードリンクをクリックすると下記のDROPBOXからダウンロードする感じです。

EKSA Audio Driver.rar
Shared with Dropbox

インストール後すぐに使用できます。設定は簡単な方でした。

 

※不明な点はお問い合わせからご質問ください。

 

前後左右どこから敵が向かってくるのか、どの位置から発砲してきているかをAir Joy Proでハッキリ聞き取ることができました。※個人差があると思いますのでご了承ください。

今まで聞こえなかったような味方の位置、「そこ」で鳴っているかのような銃声を体感できました。3,000円台のデバイスとしてはよくできています。

カニバリ
カニバリ

あとは、やや低音が出ますが少しこもったように聞こえます。

高価格帯の製品と比較したら間違いなく劣りますが、ライトユーザー程度に遊ぶ方であればこの『Air Joy Pro』で充分楽しめると思いますし、デバイスにイコライザー機能があれば設定をいじれば結構遊べると思います。

 

長時間使用しても疲れにくい

 

人の頭の重さは平均5~6Kgといわれています、その重い頭を首1本で1日中支えて稼働しています。そんな過酷な条件の頭に、さらに重たいヘッドセットを長時間装着していたら疲れないワケがありません。長時間ゲームをPLAYする人は少しでも軽いものを選びたいですね。
Air Joy Proの使用感

このヘッドセットの最大の売りでもある「AIR感」はさすが160gの軽さを誇っているだけあって4時間PLAYしましたが、重さを感じることはありませんでした。1度も外さず4時間もPLAYできたのは初めてかもしれません。これは長時間音楽を聞く人にも良いと思います。疲れないのに良い音で楽しめるといったこのヘッドセットの最大の利点は感じる事ができました。特に装着感と軽さを求めている方にはオススメのヘッドセットです。

イヤーパッドのクッション部がふんわりとしているので、つけ心地は軽く良い感じです。重めのヘッドセットはヘッドホンの位置ずれを防ぐ目的で側圧が強く長時間着用すると圧迫感が辛いんですよね。しかし、この「Air Joy Pro」の場合は、長時間着用しても圧迫感を感じません。4時間のゲームPLAYでもストレス無く使えました。

 

 

こんな人におすすめ

ゲームもするけど音楽をスマホで聞く方や、お子様に最初に購入するヘッドセットとしては最適でおすすめです!

 

テレワーク時に、控えめなヘッドセットで高音質で会話されたい方にもおすすめです!

テレワーク

お子さんに「ヘッドセット買って~」ってお願いされたときにはサイズや軽さもちょうど良いのでは無いでしょうか(^^)

 

エイジングって知ってますか?

ところでみなさん「スピーカーやオーディオガジェットの【エージング】」ってご存知でしょうか?実はスピーカーには「慣らし」が必要でこれを【エージング】っていいます。

買ったばかりのスピーカー・ヘッドセット・イヤホンなどはある程度の時間鳴らし続けていると音に変化が現れます。買ってすぐに「あんまり音が良くない」と決めつけずに【エージング】して本来の「音」にしてから、好みかそうじゃないかを決めた方が、次々購入すること無く損しなくていいですよ。

目安として1週間程度使用してみてください。最初は軽めの音がきっと良い音に変わり始めます。

このヘッドセットも最初は「シャカシャカ音」でしたが、1週間使い続けて中音と低音が鳴るようになりました。

まとめ

結構ヘッドホンは持っていて、高いものは3万円ほどします。安いのは1,000円くらいの物もあります。その中でも、このヘッドセットは同価格帯に比べて音質は良い方でした。しっかり低音も響いていて、切れもいいです。音楽を聴くときには特にぴったりの音質だと思いました。値段も3,000円台で安いので、最初のヘッドセットとしては手を出しやすいのは非常にありがたいです。以外にLINE通話もハンズフリーで快適でした。

軽量なヘッドホンに機能がいろいろと詰まっており、着け心地も使い勝手も快適です。耳元で音量調整もできますし、マイクやケーブルの取り外しもできるので移動時の収納にも困りません。デザインも派手過ぎずスタイリッシュでビジネスシーンでも使用できます。高価格帯と比べると音質はそこまで良くありませんが、安定して長時聞でも聞きやすいヘッドセットです。

音楽を聞く人

ゲームもするけど音楽をスマホで聞く方や、お子様に最初に購入するヘッドセットとしては最適でおすすめです!

Air Joy Proのおすすめ4ポイント

  • 超軽量設計で疲れにくい
  • 中級ヘッドホン並みに音がいい
  • 7.1サラウンドに対応(PCのみ)
  • 色々なゲーム機、デバイス、スマホに対応

最近の低価格ヘッドセットも普通になりました。

3,000円台の非常に安価なゲーミングヘッドセットでしたが、7.1chが使えること、つけ心地がいいことを考えるとお買い得かもしれません。

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^^♪

 

 

コメント